店舗の集客方法は多種多様!DMやSNS等使えるものは何でも使おう

店舗の集客方法は多種多様!DMやSNS等使えるものは何でも使おう

店舗の集客力を高めたいと考えている家電販売店に最適なPRの方法

タイピングをする

テレビの修理やエアコンの設置にもきめ細かく対応できるのが、地域に密着した家電販売店の強みです。しかし量販店との競争が激しくなっているために、店舗の集客力が少しずつ落ちるケースも多いです。価格の安さでは競争できないので、チラシを使って地域に密着したサービスを強くアピールすることが重要です。そのためには店舗独自のチラシを作り、ボーナスシーズンなどに積極的に配布するのが理想的です。ウェブで入稿できる印刷業者のサイトを活用すると、集客力のアップにも役立つ店舗オリジナルのチラシも簡単に作ることができます。
また固定客の比率が高いのが地元の家電販売店の強みであり、顧客リストを生かして十分に集客することが可能です。印刷業者にダイレクトメール用のパンフレットを発注すると、季節家電などのセールスも効率よく行えます。デザインの作成も専門業者に依頼すると、店舗の魅力もチラシを通じて強くアピールできるようになります。ウェブサイトでお店の宣伝をすることも可能ですが、高齢者の顧客が多い場合には昔ながらの手法を活用するべきです。バーゲンなどのイベントを告知する看板を作って店の入り口に設置すると、商品の売り上げアップにもつなげることができます。

多様なメディアを組み合わせた店舗の集客のコツ

インターネットを使う人が増えるようになってから、店舗の宣伝のスタイルも大きく変貌を遂げています。特にネットを使い慣れている若手の店舗経営者は、集客のためにSNSとブログを積極的に活用しています。スマートフォンで撮影した画像を使う方法もありますが、最近では広告業者に短時間動画の作成を依頼して宣伝を行っているお店も増えています。特に若い女性を中心に集客したいと考えるヘアサロンのオーナーは、動画の作成に強いこだわりを持っています。
また初めてウェブサイトで店舗の紹介をする場合には、集客コンサルタントに相談する方法があります。コンサルタントのサポートを受けると、最適な方法でお店を紹介できるようになるからです。特にレストランの宣伝を行うときには、シェフのプロフィールも積極的に紹介するのがポイントです。
一方で宣伝予算を抑えたいときには、小ロット注文も可能なチラシ印刷業者を活用するという選択肢もあります。インターネット注文であれば、1000枚程度のチラシ印刷の費用も1万円以内に抑えられます。また二次元コードを使ってチラシやパンフレットから店舗のサイトに誘導すると、複数の媒体を組み合わせる効果を強く実感できます。

不動産会社が店舗の集客を考える場合の基本とは?

分譲住宅の販売や賃貸マンションの仲介を行っている不動産会社は、店舗を拠点にして様々なサービスを提供しています。しかし取引金額が大きな業種なので、丁寧に接客をしても集客につながらない場合が多いです。確かに口コミで顧客を増やしている不動産会社もありますが、チラシなどで宣伝をすることが重要です。不動産業界に強い広告会社を使うと、個別の店舗の集客力も少しずつ高めることができます。またウェブサイトで会員を募集している不動産会社は、メール配信で物件を積極的に紹介しています。
しかし更に強いセールスを行うためには、個別の顧客の家族構成や収入に合わせて物件を紹介するきめ細かさも求められます。個別相談会などのイベントを企画してダイレクトメールで告知するのが、店舗を訪れる人を増やすための基本です。圧着ハガキを使ったダイレクトメールは低コストなので、チラシを大量に配るよりも効率的に集客できる場合もあります。
また顧客との対話を重視して宣伝を行うためには、必要に応じてSNSを積極的に使うべきです。SNSに寄せられた質問などに丁寧に対応すると、住まい探しで悩みを抱える顧客も丁寧にサポートできるからです。そしてウェブサイト向けに短時間の紹介動画を作ると、訪問者もサービスについて興味を持つことができます。

INFORMATION